子どもとクッキング:ドロップクッキー (分量適当でOK・作業時間15分)

うちの小学校は、土曜授業が終わった午後、地域の有志の方が寺子屋的な教室を開いてくれています。
スポーツ・科学・パソコンなど色々あるのですが長男(小1)が選んだのは

クッキング。

といっても勿論本格的な料理ではなく、家庭科室で簡単なお菓子を作るものなので子どもたちには人気の様で、抽選でした。

今まで白玉、ガトーショコラ等を作りましたが、先日作ったのがドロップクッキー。
型抜きクッキーのように、生地を寝かせる時間がないのでささっと作れておすすめです。

ココアパウダー、ココナツ、くるみ、コーンフレーク、色々混ぜてます

ドロップクッキーのレシピ

材料 40個分

バター 100g
砂糖 60g
バニラエッセンス(あれば) 少々
卵 1/2個
薄力粉 120g
チョコチップ、ナッツ、コーンフレーク、ドライフルーツなど 計量カップ1杯

下準備

バターはやわらかくしておき、オーブンを170℃に温める

作り方 (バター→砂糖→卵→粉→具の順で混ぜる)

1.ボールに入れたバターを、泡立て器でマヨネーズのように柔らかくする。

2. 砂糖を入れて、ふわっとするまでよく混ぜる。

3. 卵を少しずつ入れ、さらにふわっとするまで混ぜる。バニラエッセンスも入れる。

4.薄力粉を入れ、ゴムベラで切るように混ぜる。
 粉っぽさが残っているうちに、チョコやナッツを入れ混ぜる。

5. アルミホイルを敷いた鉄板にスプーンで一口サイズに落とし、
 オーブンで170°で15分程度焼く

ポイント

☺バターは柔らかくなってから混ぜる

☺粉を入れてからは、練らずにさっくり混ぜる。混ぜすぎると硬いクッキーになる

作ってみて

粉もののお菓子は市販のものは甘すぎるので食べるときはけっこう手作りするのですが、分量はいつも目分量です。このレシピも、バターが50gくらいしかなかったのですが美味しくできました。砂糖とか薄力粉も、いつも適当…。卵も1/2ではなく1個全部入れました。

子どもと作ると、上記のレシピにある「 ふわっとするまでよく混ぜる 」なんていうことは不可能で、材料を入れる係、混ぜる係と3人競い合ってぐちゃぐちゃと混ぜてくれます…。

お菓子は分量通り、レシピ通りと言いますが子どもはおいしいおいしいと言って焦げてても硬くても食べます。

どちらかというと作るより 散らかった粉やボウルの片付けが手間なので、調理の方は大雑把でもいいから一気に作り、 片付けに時間を充てています。

SNSでもご購読できます。