税理士試験で使った道具 

税理士試験に使った道具:CASIOの電卓、ZEBRAのSARASAペン。
(※特別な道具はありません)

電卓はCASIOのJF-V200(画像のモデルの古いタイプです)

税理士試験受験を始めるときに、簿記論の講師の方が授業で

電卓は12桁以上がいいですよ、
シャープもカシオも変わりません、

と言っていたので、私は銀行員時代の電卓を流用していましたが、特に不自由せず、その1台ですべて受験しました。
TACでも売っていますが、そんなに複雑な機能は使わないので、
(むしろ関数とかプログラム等の機能がついていると試験会場持ち込みNGになります)

メモリー機能とGT(グランドトータル)機能
↑2つともよく使います

があって、12桁あれば十分です。
ただ、受験会場の照明の具合で、液晶を傾けたりする必要も出てくるのでチルト機能はあった方がいいですが、これは12桁のだったらほとんどついています。
あと、当日万が一電池が切れたり壊れるといけないので、一応予備の電卓
(10桁くらいの安いもの)も準備はしていました。

※メモリー機能…複数の計算の結果をM+やM-のボタンで記憶させ、後でMRボタンで呼び出して合計する機能
※GT機能…メモリー機能と似ているが、Mボタンを使わず、=ボタンの後の計算結果を呼び出す機能。
例えば、カシオだと「1+1=2」「2+2=4」と続けて打った後、GTボタンを押すと2つの計算結果の合計「6」を得られる。

電卓をたたくのは2回?それとも1回だけ?

試験で怖いのは簡単な論点を取りこぼすことですが、その原因の1つに

電卓ミス

があります。電卓ミスを恐れるあまり、ついつい2回算を入れてしまうのですが
簿記論の先生は「電卓は1回でいい」と言っていました。
ものすごい速さで電卓を叩く人が周りにいると焦りますが、電卓を叩く速さは
実はあんまり関係ないそうです。
それより、1回で確実に叩く方が大事だと。
ただ、本番ではつい不安になり、けっこう2回叩いてました。

でも、それで1回目の答が違っていたことはなかったので、先生の言う通り
2回算を入れるのは時間のロスなんだと思います。

ZEBRAのSARASAペン :計算は0.5、理論は0.7

消費税法の先生が、「理論には万年筆が手が疲れないのでおすすめです」と授業で言っていたのですが、私はSARASAペンで十分でした。
計算は解答用紙のスペースが小さかったりするので細め、理論は少しでも解答用紙が埋まってる感を出し、かつ多少字が崩れてもOKなように太めと使い分けました。
暗記のときはシャーペンで書いていました。

万年筆も好きで使っているのですが、インクがすぐ乾かずこすれてしまうのと、けっこう頻繁にインク補充する必要があること、
SARASAの方が本体が軽く、持つ部分にゴムがついていて持ちやすいため
ずっとSARASAで通しました。本体も補充インクもコンビニなどどこでも買えるしおすすめです。

そんなわけで、道具はふつうのもので十分です。
ただ、日々のノートは、蛍光ペンやカラフルなペンで少しでも楽しく、
かつ後で見やすいようにいろいろ使っていました。

SNSでもご購読できます。