会計事務所 新入社員の仕事

税理士事務所に入社して、最初にする仕事といえば「入力」。
でも、「入力」と言っても具体的に何をどこに入力するのかよくわかっていませんでした。
会計事務所における「入力作業」とは何か?ご説明します。

ズバリ入力作業とは、以下の流れで「仕訳をきる」ことです。

1.お客さんから資料を預かる
ここでいう資料とは、その会社の売上や仕入れ、経費などの資料です。

売上なら:売り先に対して発行した請求書
仕入れなら:仕入先から送られてきた請求書
経費なら:タクシーの領収書、アスクルなどの事務用品の領収書、
クレジットカードの明細、水道光熱費の引き落とし明細、
不動産を買ったり、車をリースしたらその契約書や支払明細書などです。

これらの原本を預かり(大体何ヶ月かに一度ドサッと送られてきます)、
会計ソフトに仕訳を入力する。これが「入力作業」です。

2.内容の分からない明細があったり、足りない資料があるときは
連絡して追加でいただきます。

最近は、弥生会計で”スマート取引”というものもあり、定型的な取引(タクシーの領収書など)は、一件一件スキャンすると自動で仕分けしてくれ、帳簿上からスキャンしたデータに飛ぶこともできるようになっています。

また、excelファイルで現金出納帳などの決まった様式があり、 それに日付や取引内容を入力したものを弥生会計にインポートすればひとつひとつ仕訳を入力しなくて済むというやり方もあります。

入力作業時注意しなければならないのは、

➀経費処理してもいいのは事業用のものだけ

個人で物を買ったときも会社の経費につけて利益&税金を減らすのは NG です。

従業員の家賃など、会社が契約して社宅として家賃を負担することがありますが、固定資産評価証明書をとり細かく計算しない場合、50パーセントは 会社ではなく住んでいる人が負担しなければなりません。

➁二重で仕訳をしない

重複仕訳は税務調査の時に指摘されやすいからだそうです。
変な話、仕訳が漏れていても調査官は気づきませんが、
重複仕訳は指摘されやすいのだそうです。

➂大きい額のものや、資産を買ったときは明細をもらう

不動産や自動車などを買った・借りた・売ったときは必ずもらいます。
リースのときもです(費用か資産か判断するため)
10万以上のものを買ったときも(中小企業の特例が使える場合は30万まで
費用処理できますが)、要チェックです。

➃大きな変動がないかどうかチェックする

です。

ひと昔前は、紙の帳簿につけていたのでしょうが、今は全部電子帳簿です。
ソフトも、弥生、TKC、勘定奉行、JDL、ネット上でつけられるfreeeやMFクラウドなど
色々です。

freeeは事務所の先輩たちの評判はあまり良くなかったです・・・

というか、自分はMF を結構使っていましたが、画面が切り替わるのが
クラウドは遅いので、まだ使い勝手はオフラインのソフトが上です。

電子帳簿は修正は簡単ですが、紙の方が一覧性があるので
プリントアウトして見ることも多いです。

SNSでもご購読できます。